トップページ> みどころ> 葛井寺

葛井寺(ふじいでら)

ご本尊は1043本もの手を持つ国宝・千手観音像。西国三十三箇所札所として高名な寺院です。

ふじいでら


大きな地図で見る

葛井寺(ふじいでら)は古代氏族葛井氏の氏寺として、7世紀後半の白鳳期に建立されました。 西国三十三箇所観音霊場の第五番札所として信仰を集め、多くの巡礼者が訪れています。 本尊の国宝乾漆千手観音坐像は、大阪府下唯一の天平仏で、毎月18日に御開帳されます。また、 四脚門は、桃山様式をよく伝える建造物として、国指定の重要文化財となっています。春には境内の藤棚に藤の花が咲き誇ります。

葛井寺 -ふじいでら- 詳細データ
所在地 藤井寺市藤井寺1-16-21(藤井寺駅より南東へ約300メートル)
時間 8時〜17時
行事・イベント 毎月18日 観音会座(御本尊御開帳)
4月18日 春季大法会
4月中旬〜5月上旬 ふじまつり
8月9日 千日まいり
ホームページ 葛井寺ホームページ
電話番号 072-938-0005
その他情報 【国宝】乾漆千手観音坐像(本堂安置)※拝観料500円
【重要文化財】葛井寺四脚門(切妻造、本瓦葺)
【府指定文化財】石造灯籠・金銅宝塔
【市指定文化財】聖観音菩薩立像・地蔵菩薩立像