トップページ> 四季の行事

四季の行事

初天神うそかえ祭

【1月25日】初天神うそかえ祭

毎年、1月25日の初天神の日に身代わり災難除け行事として、神職が1年がかりで奉製した手彫りの「うそ鳥」を参拝者が交換し合い、幸運を祈ります。
【時間】11:00〜、15:00〜
【場所】道明寺天満宮

梅まつり

【2月上旬〜3月上旬】梅まつり

菅原道真を祭神とする道明寺天満宮には、約1万坪の境内に紅白約80種800本の梅樹が植樹されており、豊かな香りとともにまさに豪華絢爛、春の訪れを百花に先立って咲き匂います。期間中は、様々な奉納行事や野点などが行われ、多くの参拝者らが訪れます。
【場所】道明寺天満宮

ふじまつり

【4月中旬〜5月上旬】ふじまつり

藤色や白色の藤の花が境内の藤棚で咲き誇り、多くの人が訪れます。例年、期間中の4月29日には、音楽演奏など様々な催しが行われます。
【場所】葛井寺

千日まいり

【8月9日】千日まいり

毎年8月9日には葛井寺において千日まいりが行われます。千日まいりはこの日に参拝すれば4万6千日お参りしたと同じご利益があるとされ、毎年多くの人で賑わいます。
【場所】葛井寺

迎春万燈籠

【12月31日】迎春万燈籠

31日の深夜から参拝者の名前やメッセージが記された燈籠が境内に並べられ、幻想的な雰囲気に包まれます。万燈籠は2月3日にも行われます。
【時間】23時〜
【場所】辛國神社

拝観日など

葛井寺
観音会座(御本尊御開帳)

毎月18日

国宝の乾漆千手千眼観世音菩薩坐像が御開帳されます。
【拝観料】300円
【場所】葛井寺

道明寺
国宝の拝観

毎月18日・毎月25日・1月1日〜3日・4月17日

国宝の木造 十一面観音立像が御開帳されます。
【拝観料】500円
【場所】道明寺

道明寺天満宮
宝物の拝観

1月1〜3日、1~3月の各25日、梅まつり期間中の土・日・祝日

国宝の伝菅公遺品(菅原道真愛用の品)を含む宝物の見学ができます。
※団体の場合は、ご予約の上、他の日に拝観することも可能です。天満宮へお問い合わせください。
【拝観料】大人300円、小人100円。
     15名以上で団体割引(大人200円、小人50円)があります。
【場所】道明寺天満宮